BOOK'S 今日の出来事 男女の関係

思わず赤面!?生まれ故郷を知るための「セクシー」な1冊

更新日:


【オナ禁63日目】2016年7月3日(月)

突然ですが、あなたは「女性器」に興味はありますか?

私の問いかけに対して、あなたは、、、

「はぁ?お前頭おかしいんじゃないのか?」
「とうとう、気が狂ったのか?」
「ホント、どうかしてるぞ!」

と思ったかもしれません。
今日は、ほとんどの男女が絶対に反応してしまう
1冊についてご紹介したいと思います。

※ちなみに、人が絶対的に反応する単語は「セックス」らしいです…
 広告心理学的にも証明されています

超刺激的かつ、神秘的な世界への誘い

それが、こちらの本です!!

女性器の文化史

ぶっちゃけ、もう、なんていうのか、、、

"全ての意味でインパクト大"

過ぎな1冊ですよね。。。

前から興味があったのですが、
この日はいつも通っているなんばのブックオフにて
たまたま、発見してしまい購入しました。

ぶっちゃけ、この本、

あなたは、、、

レジに持っていく勇気ありますか?(それも、堂々と

もう、ホント、赤面しちゃいますよね。
恐らく、ほとんどの方は。。。

ですが、それを堂々とレジへ持って行き、
お会計を済ませてしまう私も、相当変態かもしれません。

今更ですが、、、

 

何冊かのビジネス書と一緒に購入したのですが、
もちろん、この本を堂々と一番上にして店員さんに差し出しました。(笑)

中学生がそのままエロ本をレジへ持っていくのが恥ずかしいから、
漫画本を数冊一緒に買って、間にエロ本を挟んでお会計を済ます

…なんて、店員さんからすれば、
もろバレ、バレバレの小細工、下心丸見えな昭和の旧手法

的なことを、この歳になってまでするのは
男じゃないだろ―ということで、レジに並びました。

 

一番当たってほしくない店員さんに「当たる」

そして、ドキドキのお会計タイム。。。

レジが3つあって、手前から
「男、男、女」という並びでした。

これ、正直、一番奥の女の店員さんに当たったら
ちょっと恥ずかしいかも…

当たるな、、、
当たるな、、、
当たるな、、、

と念じていたら、
見事、女の店員さんに的中しました!(汗)

もう、これはある意味「セクハラ」の領域です、、、

20歳ぐらいの、
肌が綺麗な女の店員さんだったのですが

ちょっと、恥ずかしかったです。
店員さん、どんな心境だったのでしょうか?

そんな感じでゲットした思い出の1冊です。

 

ぶっちゃけ、ネットで買っても良かったのですが、
その時に買いたいという気持ちも強かったので作戦を強行した次第です!

 

いたって「マジメ」な性に関する1冊

  • ストレートなタイトル
  • インパクト強すぎのデザイン
  • 辞書のようなぶ厚いボリューム

全てにおいて強烈な1冊なのですが、

気になる中身は…というと
いたってマジメです。というか真面目過ぎです。

 

表紙は刺激的ですが、エロ要素を期待して購入しても
あまり得るものは無いかもしれません。

ざっくり内容を説明すると

  • 女性器の歴史
  • 女性器にまつわる神話
  • 女性器の構造やメカニズム
  • オーガズムの構造
  • 性に関する価値観

などについて、大ボリュームで解説されています。(笑)

もともと、私がこの本を購入した動機については
以前より、性についての知識を深めたいという想いだったり、

  • マジメに最高のセックスを追求したい
  • そのために性のことをもっと深く追求したい
  • もっと深く女性という存在を理解したい

という想いがあったので、
その一環で購入したのが一番の理由です。

決して、"下心満々"で購入したわけではございません。←

タントラや房中術。オナ禁や性科学を学んでいるのも
そういった意味合いからなので、方向性はあっています。

 

気になる内容も、結構満足のいくものだったので、
資料として活用していこうと思います。

そんな感じで、今回はちょっぴりエッチで刺激的な
本の紹介になりました。

 

いつもはビジネス系の本を紹介してばっかなので、
たまにはこういうのも有りかなーと変態コピーライター的には思っています。

良い広告を作るには、
ジャンルにとらわれない、
幅広い知識が必要なんだよ―って

苦しい言い訳だけ、最後にしておいて、
この記事を締めたいと思います。(笑)

それではまた!

ところで、おっぱいノートってご存知ですか?

ちなみに、Amazonを徘徊していたら
面白いノートを発見しました。

その名も「おっぱいノート」

もう…ね、これ、、、買うしかないでしょ!(男なら

という事で注文しようと思います。
また、商品が届いたらレビューしますね。

おい、また下ネタか!こりねー奴だなー…

なんて怒らないでくださいね!そういうキャラなんで!(笑)

それでは失礼。

 

-BOOK'S, 今日の出来事, 男女の関係
-, , ,

Copyright© Life Is Book's , 2020 All Rights Reserved.