WEBマーケティング

コピーライティングは死んだ、、、

更新日:


見出し+画像+キャプションで惹きつけるコピーを書く

【オナ禁85日目】2016年7月25日(月)

オナホ使ったら、
ついに「穴」が開きました!!汗

こんばんは、Takeshiです。

HPの原稿もある程度仕上がり、少し心に平穏が訪れました…

 

何だか久しぶりの感覚ですがマーケッターたるもの、
常にプレッシャーに耐えるうるだけの強い精神とタフさを
持ち合わせていないと、最前線のWEBマーケティング現場では

ベストなパフォーマンスを発揮出来ないと思うので、
日々精進したいと思っている次第です。

 

そんな中、仕事から帰宅して
ちょこっと「シゴこう」と思ってオナホを使ったら

穴が開きました!

突いて穴が開いたわけではなく、
水で洗っている時の水圧で破裂した感じです!!(笑)

って、何だか超下世話で申し訳ない感じですよね。

 

  • 誰も、てめぇのオナニー話なんて聞きたくねぇよ!
  • そんなことどーでもいいんだよ!

と思っているかもしれません、、、

 

さて、オナ禁も85日を迎えて
あと5日で「3ヵ月」達成です。

 

この前購入したオナ禁教材である、
「断射プログラム」では、オナ禁して3ヵ月経つと
変化が現れてくる…みたいなことが書いてあったので

ちょっと楽しみです!

 

カラダと気のパフォーマンスを上げて、
暑い夏を乗り切り、WEBマーケティングの世界で
実力をつけていきたいと思います。

 

あとは、今日コピーを上司に添削してもらっている時に
アドバイスをいただいたことがあったので、ご紹介しておきますね。

コピーライティングに使う画像のポイント

よく、セールスレターは文章が一番のメインだ!
なんて世間のライティング教材では言われていますが、

今の時代、細かい文章なんてみんな読みません!

 

正確に言えば、レターを出す媒体だったり、リストだったり、
属性によって、そこのところの具合は変わってくるのですが

文章メインのレターやLPは今や時代遅れのような気がしています。

 

だからこそ、直感的に見てイメージが伝わる
「画像」をレターやLPに活用していくのですが、

単に、適当に画像を選んで載せればいい…
というわけではありません。

 

その画像で、何を一番伝えたいのか?
どんなメッセージやイメージ、印象を与えたいのか?

を考えて、練って、画像を戦略的に活用する必要があります。
そうすることで、よりコピーが引き立ちますし、イメージも膨らみます。

イメージライティングです!

読み手に対して、一番伝えたいメッセージを写真で代弁する。
そして、その下にキャプションを使うことで、より効果が倍増します。

写真+キャプションが重要!

写真の下には、必ずキャプションを挿れるようにしましょう。
人は無意識的に、写真の下にある文章を読む修正があります。

これは、コピーライティングの名著である、
「ザ・コピーライティング」でも言われている原則です。

人物の写真を載せるなら下に名前を!

セミナーで大勢の人が映っている
写真を信頼性や権威の素材として使うのなら

  • ●人のお客さまが集まりました!
  • セミナーの内容はわかりやすいと好評です!

などのキャプションを挿れることで、より伝わります。

 

写真はセールスレターやLPの随所に挿入する、
「見出し」と思っていただいても間違いではないでしょう。

 

文章は読まれにくいため、
読み手の興味を引きつけ、よりイメージを深める写真を選定し
その上に、見出しコピー、その下にキャプションを入れると強力です。

 

結局のところ、コピーはコミュニケーション!形ではない、、、

文章も重要ですが、一番大切なのは、

どれだけ相手に伝えたいメッセージが伝わっているか?

そして、レター全体を通して、共感の感情を喚起できているか?

問題提起のブロックで、問題意識やニーズを潜在意識から、
顕在化するレベルまで気づきを与えられているかがポイントです。

 

とまぁ、コピーの話は今日はこれぐらいで終わろうと思います。
オナホネタから始まって、後半はマジメな話になりましたが、
そんな感じで締めようと思います。というか、そろそろ寝たいです、、、

それでは、また!

-WEBマーケティング
-,

Copyright© Life Is Book's , 2020 All Rights Reserved.