今日の出来事 引き寄せの法則 心理学 自己啓発

執着するほど「空回り」する法則

更新日:


執着を手放すことで「しがらみ」から開放されポテンシャルが発揮される

【禁欲19日目】2016年5月20日(金)

1日を過ごしていて、ふと思ったことがあります。
それは「執着を手放した方がスムーズにいく」のではないか?ということです。

今回のテーマはそこに焦点を合わせて書きますね。

なぜ、急に執着を手放すのが良いと思ったのか?

それは、、、

"自分は絶対こうならなければいけない"

という型にハマりすぎて、逆にそれが自分の視野を狭めていたり、
思わぬチャンスを見逃していたり…というような状況を招いてしまっている
場合になっていたりする可能性があるからです。

ゼッタイニ…ヤラナケレバ…ヤラナケレバ…という呪縛

確かに、目標を明確にして、具体的な行動を計画して
その夢や目標を実現するために必死をこく…ということも大切ですし、
何かを成し遂げたいのであれば、そういった過程は必要です。

けれども、24時間365日。何が何でもやってやる!
というような形で、考えすぎるのもよくないのかな?と思いました。

もちろん、実際に私も夢や目標は沢山ありますし、
毎日ノートにも書いて頭にインプットしてはいるのですが、

たまに自分の作った目標にとらわれすぎて、
その目標を実現するための行動を起こせなかったり
期限内にやるべき事ができなかった状況になった時に

激しく自己嫌悪に陥ってしまうようなことがあったりします。(笑)

あ~もう!!自分のバカ!!(笑)

何でできていないんだ?
本当に目標を達成する気はあるのか?
まだまだ甘い!

みたいな感じで、心の中で自分を攻め立てるのです、、、

自分の作った目標が、逆に手かせ、足かせになってしまい、
ポテンシャルを押さえつけてしまったりする場合があるのです。

これでは折角、目標を立てたのに本末転倒です!
(やる気が無くなって、余計行動を起こさなくなる)

適度な感じで「ゆるく、ラフにいく」

逆に何も考えずに、気楽にいた方が
思いのほか…ことがうまくいったり、スムーズに運んだりすることも
多々あるので、明確な目標は設定するけど

一度その目標を達成したら、月に何度か見直す程度で

毎日、必死に、
「やってやる!…やってやる!」と固着し執着せずに

気楽に、楽観的に、ラフにゆるくいくことも
考え方としては間違っていないのかな?と最近思いました。

ライティングに置き換えてみてもそうなんですが、
1日中、デスクで必死に頭を悩ませて文章を書いている時よりも

休日にくつろいでいたり、リラックスしている時のほうが
いいアイデアだったり、言葉だったりがひらめくこともあります。

勿論、集中することも大切ですが、
いい具合に、息抜きをするとか、バランスよく気負いせずに
物事に打ち込んでいくというスタンスも大切なのかな?と思います。

当然そのスタンスが、人によって向いていたり不向きだったりもあったりしますが
時には「執着を手放す」という時期があってもいいのではないでしょうか?

そう感じた1日でした。

それではまた!

-今日の出来事, 引き寄せの法則, 心理学, 自己啓発
-,

Copyright© Life Is Book's , 2020 All Rights Reserved.