出産・育児 夫婦

1856gになった子供はおむつもマイクロサイズで母乳パックでご飯

投稿日:


 

『子供は宝』ですね!

 

出産当時は実感があまりなかったのですが、

自分の子供が日々成長していくのに合わせて

愛着も深まっていきます。

 

家から病院までは少し離れているのですが。

あまりにも可愛らしいので、その顔を見るために頻繁に足を運んでいます。

 

一度過ぎてしまった時間は返ってこないので、

子供との貴重な時間をしっかり味わって

この経験を人生の糧にしたいと思います。

 

今日は体重が1,856gになっていました!

 

生まれた時は未熟児で1,500gほどしかなく

仔犬のように小さかったので心配していましたが

順調に成長してくれているので、とても嬉しいです。

 

毎日、病院で頑張ってくれている子供のためにも

絶対に立派な親になってみせます!

 

妻と子供、私、3人で生活する日が楽しみで仕方ありません…

わくわくしますね。

 

病院へ面会に行った後は

アカチャンホンポへ母乳パックとマイクロサイズのおむつを買いにいきました。

うちの子供は未熟児のため、普通の子供のサイズより小さいので

それに合わせておむつも小ちゃいのが必要です。

 

これがなかなか売っていなくて、探してもあまり見当たりません。

アカチャンホンポにはそれが置いてあるので

2袋購入、このおむつのキャッチコピーは「新生児より小さいサイズ」

超小さくて、これが何十枚か入って1袋500円ほどの価格。

 

ちなみにメーカーはパンパースの物です。

 

母乳パックの使い道ですが、

子供が病院に入院していると、ママは常にそばにいてあげられません。

 

そのために母乳をしぼって、パックに移し

それを冷凍させて、定期的に病院へ届けにいく時に使用します。

 

届けられた母乳パックは看護師さんが

決められた時間に機会で授乳させてくれます。

 

理想を言えば常に直接おっぱいから

ミルクをあげた方がいいのですが、退院するまでそれはお預けです。

 

ただ、面会に行った時は

直接あげる事が可能で、妻も子供にあげています。

 

まだ慣れないのか、うまく吸えないのか

少量しか飲んでくれませんが、日が経つにつれ

量も増えていっているのでその調子で頑張ってもらいたいですね。

 

いろいろお金もかかってしまいますが、

子供ができた事によってより夫婦の関係も深まりましたし

何より、また一段と幸せになれたなと実感しています。

 

もちろん、辛い事や苦しい事も

あると思います。

 

でも、それをみんなで力を合わせて

乗り越えていけるような家族になりたい。

 

両親が愛情をもって

私を育ててくれたように

 

子供にもそれを継承したいと思います。

 

 

 

 

-出産・育児, 夫婦
-, ,

Copyright© Life Is Book's , 2020 All Rights Reserved.