出産・育児

初めて沐浴させてみた〜赤ちゃんを沐浴させるためのポイントを紹介〜

投稿日:


「大泣きして焦りましたよ!段々、鳴き声が大きくなって

おまけに、横からは妻と看護師さんからのアドバイスが飛んできて…

頭の中がパンクするかと思いました。。」

 

この日は初めて赤ちゃんを沐浴させました。

前回は妻が体験したのですが

 

『退院前に一度は病院で洗っておいたら?』

との助言に、よし!やってみようと奮起。

 

今回は私が洗ってあげることになりました。

 

前に妻が洗っているところを隣でハンディカムをまわしながら

凝視していたのですが、実際にやるのと見ているのでは天と地の差!

 

最初はおとなしかった我が子も

しだいに顔が崩れてきて、大声で泣き始めました…

 

「耳に水入れたらあかんで」

「体が冷えるから、ちゃんとお湯につけてあげて!」

etc…

 

横から妻と看護師さんがアドバイスをしてくれるのですが、

私は赤ちゃんを洗うので精一杯。

 

成功とは言えない初体験でしたが、

最初から上手くいく事に期待してはいけませんよね。

 

進んで経験し、慣れていきたいと思います。

スムーズでスピーディに沐浴を行うためにも

そのポイントについて調べましたので紹介しますね!

 

 

**

 

===========================

沐浴のポイント

===========================

【1】道具を準備

  • バスタオル
  • ガーゼハンカチ
  • 沐浴布(ガーゼハンカチやハンドタオルでも代用可)
  • ベビーソープ
  • 湯温計
  • ビニールシート

などを必要に応じて準備。

 

【2】洋服などをスタンバイしておく

赤ちゃんの着る服や、おむつ、タオルなどを

ベビーバスの近くにセッティングする。

服は袖を通しておき、おむつは広げておく!

 

【3】ベビーバスにお湯をはる

準備の最後にベビーバスと洗面器にお湯をはる。温度は40度がベスト。

赤ちゃんを入れる前に必ず手で温度は確認すること!やけど防止のため。

温度計で確認するのが確実です。

 

赤ちゃんは敏感なので、ガーゼを入れておいて

それで洗ってあげたり、かけておくと安心してくれます。

 

【4】準備が整ったら服を脱がせてベビーバスに入れてあげよう

耳に水が入るとまずいので、頭を持つときに両方の耳がとじるよう

指で抑えてあげることが大切!

 

首がすわっていないので、ぐらつかないように慎重にベビーバスに入れる。

頭からだとビックリするから、足の方からお湯につけよう!

 

【5】さあ、キレイに洗っていきましょう

ガーゼを濡らして、水が垂れないように適度にしぼります。

しぼれたら軽くやさしく拭いていきます。

 

順番は人によって若干違うようですが

顔→手→体→足の順番で洗っていきました。

 

顔は3の字をかくように拭いてあげ、

頭からソープの泡で洗います。

 

泡をつけたらすぐにお湯で流してあげます。

赤ちゃんが冷えないように、常に温めてあげることがポイント。

 

首や腕と足のしわ、お尻の割れ目、性器などは

汚れがたまりやすいので丁寧に洗ってあげましょう!

 

表面が洗えたら、裏返して

背中も洗います。この時にうまく腕にぶら下がるように

もつと洗いやすいです。手の甲付近に赤ちゃんのあごを乗せて、腕全体に体を乗せるような感じ。

 

【6】洗い終わったら冷えない内にタオルで水分をとってあげる

泡などを洗い流して、すすいだ後はベビーバスから出して

準備しておいたタオルで素早く水分をとってあげます。

 

冷えちゃうとかわいそうなのでスピードが重要。

水分がとれたら、袖を通して用意しておいた服を着せてフィニッシュ!

 

以上が沐浴のポイントです!

退院して、これから家に帰ってきたら

毎日入れてあげないといけないので

 

しっかり頭に入れておきたいと思います。

 

お読み頂きありがとうございました!

 

 

-出産・育児
-

Copyright© Life Is Book's , 2020 All Rights Reserved.