出産・育児

出産から6日目 | 赤ちゃんはブルーライトで治療中

投稿日:


 

出産から6日目のわが子 | 前日はブルーライトにて治療中

 

わが子が誕生してから今日で6日目です。

入院している妻から送られてきた子供の画像を見て

思わず元気が出ました!

 

《仕事頑張るぞー!》

 

「子は宝」とはよく言われますが、

産まれてきたわが子は本当に愛らしいです。

 

同時に、

親としての責任もこれからは求められるので

身を引き締めて頑張っていかないといけません。

 

私は現在26歳ですが、

ここまで育ててくれた両親には本当に感謝しておりますし

その存在の偉大さに、頭が下がる思いです。

 

今度は自分が"親"としての存在になることで

両親へのありがたみが余計に身に染みていくことだと思います。

 

可愛いだけでなく、いろいろと苦労することもあるでしょう。

しかし、両親が苦労して私をここまで育ててくれたように

私もわが子へ愛情を込めて、しっかり育てていこうと決めました!

 

20131201_103252000_iOS

逆に私が子供から学ぶ事が多くなりそうです。

共に学び、成長していけたら理想かな。

 

昨日は妻の両親とお見舞いに行ったのですが、

黄疸防止のためにブルーライトを照射中だったようで

顔をハッキリ確認することができませんでした。

 

なぜブルーライトを照射する必要があるのか

ちょっと気になったので調べてみました。

 

ブルーライトを照射する目的は主に

・黄疸の予防

 

であり、出産後は胎内での環境から大きく変わり

それによって、血液の状態も変化するらしく

血液に深く関わる肝臓の発達と処理力もまだ未熟なため

ビリルビンという物質が血液中にたまりやすくなるため

黄疸ができるそうです。

 

※ビリルビン…赤血球に多く含まれ、肝臓で処理され胆汁となって消化管から排出される。一部、腸管で吸収後、胆汁の原料となる。

 

新生児の80%が生後2~5日頃に黄疸が出て、

それが消えるのに数日から数週間を要するようで

 

通常は新生児の黄疸に特別な治療は必要ないのですが、

場合によっては光療法という先ほどお話した

ブルーライトを照射して黄疸を治療するという方法をとるみたいです。

20131201_073543000_iOS

目に光が入らないように

赤ちゃんにはゴーグルを取り付けています。

副作用で下痢や発疹、汗が増えたり日焼けができることがあるようです。

 

無事に育ってくれることに期待します。

 

 

 

 

 

 

-出産・育児
-, ,

Copyright© Life Is Book's , 2020 All Rights Reserved.