BOOK'S

うどん屋の年収

投稿日:


【オナ禁82日目】2016年7月22日(金)

担当しているプロジェクトの関係で仕事が集中し、
今日は久しぶりに帰宅しました。

仕事中は毎日パソコンに向かって、
1日中文章を書きまくっている日々です…

 

恐らく、これだけ仕事に打ち込んでいる自分というのも、
これまで無かったんじゃないか?というぐらい
集中しているような生活です。(笑)

 

そして、毎日かなりの文章量を書いているので、
同じく、これだけ書きまくったことも今まで無かったように
思います。

単に文章を書くだけでなく、
セールスレターやランディングページを書く
いわゆる「セールス文章」の執筆作業なので

頭も使います。。。
それこそ、身体は全然運動していないのに、
脳がたくさん運動して、「脳バテ」している…

まさに、脳が筋肉痛な状態です!

 

さて、久しぶりに帰宅したら
amazonで注文していた本が届いたので
少しだけパラパラ目を通してみました。

今回、注文した本はこちら




自宅に帰ったのが深夜だったので、

  • 夕食だったり、
  • 筋トレだったり、
  • 風呂に入ったり、

していたらあまり時間もなく、
いずれの本も、軽く目を通しただけなのですが、

個人的に面白かったのは、
USJのマーケティング本です。

 

これは、amazonでも好評で、
上司も購入していて、自分がマーケティングの仕事に従事している
という理由から購入しました。

レビューの通り、マーケティングについて、
わかりやすく書かれています。

始める前から「確定」している年収…

その中でも面白かったのは、
「選ぶ職業によって、おおよその年収が決まっている」
という項目でした。

本書では、
うどん屋の大将を例にして解説されていました。

どういうことか?というと…

うどん屋の場合、原価や人件費、席数などで
おおよその年収が割り出せて、上限・下限が始める前から
見えている…ということです。

 

ごく、当たり前のことですが、

うどん屋だけでなく、ほとんどのビジネスは

データからおおよその年収であったり
売上が始める前から予測できるよ!ということなので

大きく稼ぎたければ、
上限が高いところへいきましょう!という結論です。

美容業も、普通にやっているだけでは厳しいという現実…

私は以前、美容師をしていたのですが、

その職業もうどん屋の例と同じで、
ある程度、売上の目処は簡単に予測できます。

オーナーの姿を見て、
「将来、大丈夫なのかな…」と思ったことが
今は懐かしく思いますが、

私にとってその時は、オーナーの姿が
ある意味、上限だったのです。

 

美容業は競合も沢山いるし、
よっぽど有名なブランドやカリスマ性がない限り
成功するのは難しい、、、

そう考えて、今のマーケティングの仕事に転職したわけです。

 

お金が全てではないですが、
自分が身をおく場所や環境をしっかりと見据えた上で、

仕事なり、磨いていくスキルなりを考えたほうが
良いだろうな…と本を読んで思いました。

あなたの今の仕事や環境はどうですか?
一度、じっくり時間を作ってこれからのことを
見つめてみるのも悪くないと思います。

きっと、新しい気づきがあります。

それでは、また!

PS

他の恋愛本や書くスキル本についても、
また、レビューしますね!

-BOOK'S

Copyright© Life Is Book's , 2020 All Rights Reserved.